売るときのコスト

Pocket

家を売るときには、実は売却価格がすべて自分の儲けとなるわけではなく、諸費用がかかります。2000万円の家を売れば、2000万円すべて手にできるというわけではないのです。その中でも一番コストとしてかかるのが、不動産会社に支払う仲介手数料です。仲介手数料はどこの不動産会社でも、数十万ぐらいとなり、1億円規模の家となると数百万円になります。不動産会社には書類関連や収入印紙などの費用も、支払わないとなりません。

費用家を売ると、税金も発生し、譲渡所得なるので、所得税がいつも以上にプラスされて発生します。ただ購入価格よりも安い値段で売れたときは税金は発生しませんが、控除として使えるので、確定申告しておくとお得です。そして忘れてはならないのが、売却後に違う住居に住むための、引っ越し費用です。売却前に引っ越ししたとしても、この費用は発生します。

特に住宅ローンなどが残っており、家を売って完済しようと考えている方は、売るときの諸費用は事前によく調べて、いくらかかるか把握しておくべきでしょう。家の状態によっては、リフォームやハウスクリーニングなどをするので、これらの費用もコストとして発生します。諸費用は総合すると数百万円もかかったという方もいます。