家を売るときは相場を知る

Pocket

家を売るというのは、オークションのように何度も行うことではなく、人生で1回あるかないかぐらいのことです。だれでも自分の家を売るときには、少しでも高い値段で売りたいと考えるものでしょう。もしも高く売りたいと考えているならば、ポイントがいくつかあります。その中の1つが家の相場を知るということです。

相場まずは、自分の家がいくらぐらいで売れるだろうと考えたならば、相場を知らないと、実際の売値が高いのか安いのかわかりません。新築で家を建てるときは、周囲と比べれば相場に近いか遠いか分かりますが、中古物件となると、近隣とは比べられないです。相場を知らないと、不動産屋に査定してもらったときに、査定額が高いか安いかもわからないでしょう。

相場を知る方法としてはいくつかあり、インターネットを使って調べることができます。まずは国土交通省の不動産取引価格情報検索というサイトがあります。地図になっているので、自分の知りたい地域を選択していくと、最近売り出された物件の価格が掲載されています。もう少し簡単に相場を調べるなら、不動産物件情報サイトで、中古一戸建ての販売価格を調べる方法があります。これならば、自分の家の地域を選んですぐに調べられるので、より簡単です。

このようなサイトを使って事前に相場を知っておき、不動産屋に家の査定をしてもらい、最終的に売却仲介を依頼することとなります。ただこの不動産屋に査定してもらうときにも、高く売るためのポイントがあります。