売るときのコスト

家を売るときには、実は売却価格がすべて自分の儲けとなるわけではなく、諸費用がかかります。2000万円の家を売れば、2000万円すべて手にできるというわけではないのです。その中でも一番コストとしてかかるのが、不動産会社に支払う仲介手数料です。仲介手数料はどこの不動産会社でも、数十万ぐらいとなり、1億円規模の家となると数百万円になります。不動産会社には書類関連や収入印紙などの費用も、支払わないとなりません。

費用家を売ると、税金も発生し、譲渡所得なるので、所得税がいつも以上にプラスされて発生します。ただ購入価格よりも安い値段で売れたときは税金は発生しませんが、控除として使えるので、確定申告しておくとお得です。そして忘れてはならないのが、売却後に違う住居に住むための、引っ越し費用です。売却前に引っ越ししたとしても、この費用は発生します。

特に住宅ローンなどが残っており、家を売って完済しようと考えている方は、売るときの諸費用は事前によく調べて、いくらかかるか把握しておくべきでしょう。家の状態によっては、リフォームやハウスクリーニングなどをするので、これらの費用もコストとして発生します。諸費用は総合すると数百万円もかかったという方もいます。

複数の不動産屋で査定

家の査定をするときは、できるだけ多くの不動産屋に依頼するようにします。もしも知り合いなどの不動産屋1社のみに査定依頼したとなると、その査定額で家を売りに出すことになります。査定額は不動産屋によって違いがあり、査定額の安いところと高いところでは、数百万円も開きがある場合もあるのです。特に日頃からお世話になっている不動産屋があると、そこに査定依頼し売却するとなるかもしれませんが、これは家を高く売る方法としては損をしています。

査定依頼不動産屋への査定依頼は、1社ずつ足を運んで行っても良いですが、インターネットで一括査定できるサービスもあるので、それを利用すると良いでしょう。そのようなサービスであれば、わざわざ足を運ばなくても、査定依頼できます。

査定してもらった不動産屋の中から、通常は一番高い査定額を提示してくれた会社に仲介依頼をします。しかし不動産屋の担当者との相性も重要です。この会社の担当者ならば、信頼して頼めると思うようなところであれば、多少査定額が低くても、そこで仲介依頼した方が良いかもしれません。中には会社の利益ばかり考えて、事務的に仲介を行うところもあるので、そのような会社は、こちらの要望が通じないときもあります。

家を売るときは相場を知る

家を売るというのは、オークションのように何度も行うことではなく、人生で1回あるかないかぐらいのことです。だれでも自分の家を売るときには、少しでも高い値段で売りたいと考えるものでしょう。もしも高く売りたいと考えているならば、ポイントがいくつかあります。その中の1つが家の相場を知るということです。

相場まずは、自分の家がいくらぐらいで売れるだろうと考えたならば、相場を知らないと、実際の売値が高いのか安いのかわかりません。新築で家を建てるときは、周囲と比べれば相場に近いか遠いか分かりますが、中古物件となると、近隣とは比べられないです。相場を知らないと、不動産屋に査定してもらったときに、査定額が高いか安いかもわからないでしょう。

相場を知る方法としてはいくつかあり、インターネットを使って調べることができます。まずは国土交通省の不動産取引価格情報検索というサイトがあります。地図になっているので、自分の知りたい地域を選択していくと、最近売り出された物件の価格が掲載されています。もう少し簡単に相場を調べるなら、不動産物件情報サイトで、中古一戸建ての販売価格を調べる方法があります。これならば、自分の家の地域を選んですぐに調べられるので、より簡単です。

このようなサイトを使って事前に相場を知っておき、不動産屋に家の査定をしてもらい、最終的に売却仲介を依頼することとなります。ただこの不動産屋に査定してもらうときにも、高く売るためのポイントがあります。